keyboard_arrow_right
成人式で失敗しないために振袖の着付けで気をつけたいポイント

成人式で失敗しないために振袖の着付けで気をつけたいポイント

成人式では、振袖を着て出席する人は多いのですが、自分ひとりで着付けをすることはなかなか出来ません。両親や祖母がしっかりと着せてくれれば問題ありませんが、そういう家も少ないものです。そうなりますと、やはり美容院などにお願いをしてしっかりと着せてもらったほうが、当然完成度も高いので安心です。
ところが、美容室にお願いをするとなると、単に着せてもらうだけではなく、ヘアセットやメイクも一緒になることが殆どです。全体の予算をきちんと把握しておきませんと、当日トラブルになる可能性がありますので、気をつけなくてはいけません。また、美容室によってはヘアセットはしてもメイクはしないなど、様々ですので、事前に良くリサーチをして、予約の際に失敗しないようにしましょう。

各々の予算をきちんと把握しておこう

振袖の着付けは、地域によって金額にばらつきはありますが、一般的に安いところで5,000円程度、高くなりますと15,000円程度が相場になります。ヘアセットは5,000円から10,000円程度で行ってくれます。メイクは大体、3,000円から5,000円になります。それにプラスして、ネイルも行いますと、大体5,000円から20,000円程度掛かります。
早期予約をすれば、キャンペーンを行っているところもあり、安い金額で予約をすることも出来ますし、いくつか組み合わせることでも安くしてくれる美容院もあります。また、お友達同士でまとめて予約をする事で料金を安くしてくれる美容院もありますので、事前によくインターネットなどを活用して、情報を集めるようにしましょう。

どれくらいの時間が掛かるのか

着付けは大体40分から1時間程度、そしてヘアメイクは40分から1時間程度掛かります。そのため、トータルで大体2時間前後は掛かる事を予想しておかなくてはいけません。成人式の時間は、もちろんそれぞれの自治体によって異なります。午前中に行うところもあれば、午後に行うところもあります。
そのため、美容室に予約をする際には、必ず成人式が始まる時間と移動距離を計算した上で、手配する必要があります。また、慣れているスタッフかどうかでも、完了時間に差が出てきますので、何が起こっても良いように、2時間30分から3時間程度は余裕を持って予約をすることをおすすめします。不安であれば、予約の段階で気になることは、どんどんスタッフに聞いて疑問を解消するようにしましょう。