keyboard_arrow_right
振袖の着付け、美容院での流れはどんなもの?

振袖の着付け、美容院での流れはどんなもの?

成人式、は特に女性にとって一大イベントです。振袖を着られる方が多いですが、せっかくの一生に一度の成人式ですから、素晴らしいものにしたいものです。また、最近では前撮りといって、成人式当日に写真を撮るのではなく、成人式より前に振袖を着て、写真館などで写真を撮影しておくということも一般的になっています。早い人では夏休みにもう前撮りを済ませている場合もあります。こうすることで、当日あわただしくなくゆっくりと思い出に残る写真を撮ることができます。前撮りでも、成人式当日でも、着付けをしてくださるのは美容院の方々です。そして、同時にヘアメイクもしてもらうのが一般的です。それでは、普段髪を切りに行くのとはまた違った美容院の選び方と当日の流れを見ていきましょう。

美容院の予約は早め早めが肝心!

成人式当日の美容院はどのようなところを選べばよいのでしょうか。前撮りのときとはどう違うのでしょうか。成人式当日の美容院は、新成人が殺到するため、非常に混雑します。そのため、新年を迎えてからの予約では間に合わない場合もあります。女性が着慣れない着物で長距離を歩いたり、電車で移動したりするのは思いのほか大変です。最初は平気だと思っても、草履で足が痛くなったり、会場に着くころにはヘトヘトに疲れてしまってはせっかくの成人式が楽しめなくなってしまうかもしれません。そのため、成人式の会場の近くの美容院を予約するのが良いでしょう。そういった成人式の会場の近くの美容院は人気のため、早めに予約する必要があります。会場から遠い美容院が気に入っている場合は、タクシーを使うといった手段もあります。

振袖の着付け、当日の流れとは?

成人式の準備は、ヘアメイクをしてから着付けをするのが一般的のようです。成人式用のヘアカタログもありますので、自分なりにイメージをふくらませ、当日までに美容師さんと打ち合わせておくとスムーズに進みます。メイクも希望に沿ったようにしてもらえますが、つけまつげやアイプチは自分でやることが多いです。必要な人は当日までに自分に合ったものを用意し、練習しておくと良いでしょう。また、当日はかぶらずに脱着できる服で行くのが好ましいです。Tシャツなどでは、脱ぐときせっかく作った髪型が崩れてしまう恐れがあるためです。着物を着せてもらう時に、帯の結び方を数パターンの中から選ばせてもらえる美容院もあります。こだわりのある方は、事前に美容院に問い合わせておきましょう。また、苦しくなりやすい方や着崩れが気になる方も、申告すれば調節してもらえます。